不動産・別荘・ログハウスについてのご紹介サイトです

2014/9/11 更新

不動産情報コンテンツ
不動産情報 住まいを売る不動産情報 住まいを買う不動産情報住まいを貸す不動産情報 住まいを借りる不動産情報 住宅ローン

別荘の選び方
ログハウス



不動産のQ&A

Qどの住宅ローンを選べばいいですか?

答えはありません。不動産を選ぶときと同じなのですが、住宅ローンを比較して選ぶことより、借りる人にとってどういう住宅ローンがいいか選ぶことが大切になります。どこの銀行のこういう住宅ローンがいいよって話があったとしても、それが全員にいいとは限りません。

Q取引時の必要な書類は?

不動産を購入する側を前提とした内容です。まず、所有権移転登記(売主→買主)の手続きでは、印鑑証明書は必要とされていません。買主側で印鑑証明書が必要となるのは、住宅ローンの手続き関係です。
この際、銀行提出用に2〜3通、抵当権設定用に1通です。購入する不動産の内容や借入内容、取り扱い金融機関などにより、必要とする通数は変わってきます。

Q保証金とは何ですか?

これは、礼金と敷金をあわせたような性格を持つもので、家賃滞納・器物の破損などに備えて、文字通り保証として預かるお金です。退去時には、ここから解約引が引かれ、残りが入居者に返還されます。この「解約引」は、退去後の清掃やリフォーム、鍵の付け替えなどに使われます。
きれいに使っていればいいけれど、壁に穴をあけたり畳を汚したりすれば、解約引以上に請求される場合もあります。

Q構造のことを教えて

これから住む部屋、構造のこともチェックしておきましょう
マンションに住むのなら、構造はSALC造・RC造・SRC造のいずれかでしょう。全部壁はコンクリートで、SALC造→RC造→SRC造の順に柱がシッカリ、壁が厚くなっていきます。当然、順番に防音も耐熱もバッチリになります。

ハイツに住むのなら、構造はLGS造・木造のどちらかでしょう。LGS造は一般にプレハブ造りのもの、木造はツーバイフォーまたは、木造プレハブといったもの、大手のプレハブメーカーが造っているものといったらイメージが一層わくかもしれません。となりの音が気になる!という人、構造に注目してみてはいかがでしょう!

Q保証人は誰にすればいいの?

A基本は両親です。ただ、両親が高齢とか諸事情がある場合は血縁者になります。他人になるとなかなか審査が通らない事が多いようです。

Q礼金と敷金の違いは?

礼金とは、入居時に家主に支払う謝礼金のことで、退去時には戻ってきません。
敷金とは、家主に預ける保証金のような金銭で、退去時に家賃未納分、修繕費等を差し引いた分が戻ってきます。

Q退去時に敷金は戻ってくる?

ハウスクリーニング代を差し引いた額が返金されるのが一般的です。ただし、故意・過失にもとづく損傷や、通常でない使用による損耗があった場合には、その修復代金が敷金から差し引かれます。
通常の使用、または経年変化において発生した損傷や損耗、摩耗、などは負担する必要はありません。
どこからどこまでが借りる側の負担になるかは、不動産業者が契約時に説明することになってますので、しっかり確認しておきましょう。

Favorite